起立性調節障害とカフェイン

起立性調節障害とカフェインの関係【栄養ドリンクは効くのか】


起立性調節障害は交感神経が働くべき時間に働きません。


そのため、覚醒効果があるカフェインやエナジードリンク、栄養ドリンクを試したくなります。


しかし、多くの患者さんの口コミを調べてみるとおすすめできません。


なぜなら、症状が改善することがほとんどないからです。

吐き気や頭痛がひどくなるという証言が多く見られます。
起立性調節障害とカフェイン

コーヒーを1日1杯飲むぐらいならいいですが、薬代わりの効果を期待するのはやめましょう。


栄養ドリンクを飲むと血糖値が上がって食欲が減ってしまいます。


そうなると、かえって栄養バランスが崩れてしまう可能性があります。


栄養ドリンクやエナジードリンクを飲むよりも、スクランブルエッグやゆで卵を食べるのがおすすめです。
起立性調節障害と卵

卵は必須アミノ酸がバランスよく入っていますし、ビタミンやミネラルも豊富です。


栄養ドリンクに頼るよりも、手軽に栄養バランスを補える便利な食材ですよ。